エッジの効いた青果店 BANANA JOE’s

Pocket

 
本鵠沼駅の片瀬江ノ島方面の改札を出て、左方向に直進100mほど。
左手にBanana Joe’sさんが見えてきます。

Banana Joe’sさんの一風変わっているところ。
それは八百屋さん(青果と惣菜を販売)とお米屋さんの店舗を併設しているところにあります。
青果は店主の辻さん、惣菜は辻さんの奥様、お米は辻さんのお母様がそれぞれ担当してるそう。

なんと、惣菜を置いているスペースは店主の辻さんがすべて作ってます!
DIY(Do It Yourself =専門業者ではない人がする自作や修繕のこと)が流行っていますが、ちょっとレベルが違いますね、、(笑)

 

普通なんてイヤ

Banana Joe’sというなかなかエッジが効いた名前。
新鮮さを感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、こちら、正確には辻さん夫婦が運営する八百屋さんの名前。
店主お母様担当のお米屋さんは、正式には「辻米店」なんだそう。

辻さん夫婦が八百屋さんを始めるときに「辻青果店よりもクールな感じにしたい!」という想いで、当時好きだった古着のロゴに書いてたハワイの果樹園の名称である”BANANA JOE’s”を採用したのだそうです。

 

15種の惣菜をご用意

惣菜と野菜はそれぞれ15種前後、お米は5種類ご用意しています。
もちろん、お野菜は旬のもの、お米も自社でしっかり精米しています。

惣菜は、きんぴらごぼうとセロリのナムルが大人気!
この2つは常連の方がいつもお買い上げになるので、いつも用意しているそう^^

 

人気は日替わり弁当

惣菜と一緒に、美味しいお弁当もご用意。
チョイス弁当と日替わり弁当の2種類があります。

チョイス弁当は煮込みハンバーグ、串カツ、メンチカツ、コロッケから1品主菜をチョイス。
日替わり弁当は主菜が日替わりで、油淋鶏や酢豚、チンジャオロース、チキン南蛮などがこれまであったそうで一番人気。

また、Banana Joe’sさんで扱う野菜を使ったグリーンカレーはルーだけでもライス付きでもたのむことができます。
野菜がたくさん入ってて、辛いのが苦手な方でも安心して食べられる優しいお味になっています。

 

苦労してると思ったことはない

辻さんの奥様にこれまでの苦労について伺ったところ、「苦労だと思ったことはないんです(笑)」とお話してくれました。
「自分が作ったものを美味しいって言ってくれるのがとっても嬉しいんです。」

最近は工事をなさっていて、もっとお客さんのためにお店作りに力を入れているそう。
本鵠沼に寄った際は、足を運んでみてはいかがでしょうか?^^

 

ロボネコストアでも注文可能です!

ロボネコストアでは、BANANA JOE’sさんのお惣菜、お野菜、お米をご都合のいい場所、時間にお届けします。

 
対象地域内であれば、ご自宅はもちろん、職場や公園の近くでも受け取り可能です。
ぜひ、一度、ご賞味ください!

コメントを残す

テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。