新茶がおいしい季節が到来! ずっと愛され続ける味 – 古郷鵠沼苑 –

Pocket

新芽の季節にこそ飲みたい! 定番の新茶をお届け

お茶の新芽は毎年5月にいっせいにとれるため、今の時期はちょうどうまみがしっかりとした「新茶」を楽しめるベストシーズンです。古郷鵠沼苑さんでは、昔からお客さまに愛されている新茶として、毎年必ず完売する人気商品「八十八夜の露 新茶」が販売されます。

産地から直接仕入れたこだわりのお茶

「静岡の生産農家から、直接仕入れた本物のお茶を出しているんです」と古郷鵠沼苑の渡辺さん。色味がきれいなグリーンで、うまみがしっかりしているお茶は香りとのバランスもパーフェクト。クセのない味は、お子さまから年配の世代まで安心して飲むことができます。

静岡で昔から愛された飲み方、「水出し茶」で飲んでほしい

kogou_blog_5.jpg
近ごろは新茶を「水出し茶」で飲むことが流行っていますが、実は産地の静岡では昔から伝わる定番の飲み方です。加熱していない水に新茶の葉を入れ、冷蔵庫に入れて2時間ほど待てばできあがり。お茶の成分が水でゆっくりと溶けだし、さっぱりとした冷茶を楽しめます。

商品名:八十八夜の露 新茶 100g

本鵠沼駅前のお茶専門店。レアなお茶も飲めるかも!?

kogou_blog_4.jpg
海が近い本鵠沼はこれから観光の繁忙期。古郷鵠沼苑さんには、ロータス茶 ・はすの葉煎茶などもあるそうなので、観光や海帰りにお店でお気に入りのお茶を探してみるのも良いですね。ヘルシーなお茶で、蒸し暑さもふき飛ばしていきましょう!

kogou_blog_2.jpg
飲み頃の新茶、僕も飲んでみたいにゃ♡

コメントを残す

テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。