地元の食材をふんだんに使った創作料理が魅力のダイニング! – 海岸5丁目 –

Pocket

海、そして湘南が大好きだというオーナーが地元の素材にこだわった創作料理を提供する海岸5丁目さん。場所もお店の名前の通り、鵠沼海岸5丁目にあります。天性のカンから生まれるオリジナルメニューの数々が人気のダイニングレストランです。

中華にも和風にもイタリアンにも!?アレンジ自由自在なしらすラー油

注目は、食べるラー油をヒントに地元素材にこだわって作ったオリジナルのしらすラー油。ラー油といえど、隠し味に使った醤油のおかげで和テイストにも合うからびっくりです。ご飯に乗せるだけでごちそうになるから、ちょっと手抜きしたいときにもぴったり♪  遠方から大量買いしにくる方も多いというのも納得です。

kaigan5_blog_1

商品名:しらすラー油

kaigan5_blog_2

アレンジしがいのある調味料ですが、オススメはしらすラー油冷奴。「ランチのサイドメニューでおだしすると人気で、帰りにしらすラー油を買って帰るお客さまも多いんです」と、オーナーの三浦孝幸さん。常温で約2ヶ月保存できるのでお土産にもぴったりです。

朝獲れ&釜揚げしらすがWで楽しめる、噂のパスタに注目!

生しらすも釜揚げしらすも両方食べたい!という欲張りさんに嬉しいのが、「しらすとトマトの冷製カッペリーニ」。実はこのメニュー、夏限定だったのですが常連さんからの要望が多くレギュラーメニューに昇格したんだとか。トマトの酸味と生しらすのまったりとした食感、釜揚げしらすの塩気がベストマッチ。口当たりのいいカッペリーニ(細麺)は、これからの暑い季節にもペロリと食べられそうです。

kaigan5_blog_4

ガーリックオイルで新鮮な生しらすを半生でいただく「生しらすのアーリオーリオ」、「釜揚げしらすとワカメのチャーハン」など、やはり人気はしらすを使ったメニュー。

海沿いの心地よい風を感じて。世代を問わずくつろげる店内

空間が気持ちいい店内には、お子様連れにも嬉しい絵本も用意されています。年齢層も幅広いので、味つけが濃くならないようにしたり、年配の人には少し柔らかめに麺を茹でたり、オーナーの優しい気遣いがいたるところにちりばめられています。

kaigan5_blog_7

しらすは大好物なのにゃ♡ ここでゆっくりおいしいごはんを味わいたいにゃ〜

kaigan5_blog_9

コメントを残す

テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。